【凶暴化1日目-3】凶暴化のきっかけ

スポンサーリンク

2013/11/28 -3

妻の話はこうでした。

猫がどう凶暴化したのか?

とにかく妻の顔を見ると威嚇を始め、目が合うと飛びかかってくるとのこと。

しかもしつこく、振り払ってもしがみついて食いつき、逃げても追いかけてきて手加減なしで噛みついてくる。

ただ猫自身も怯えているのか、おしっこをいたるところでちびっているとのことでした。

なぜ凶暴化したのか?

洋服を取ろうと妻が寝室にあるクローゼットのドアを開けたところ、その隙を突いて猫がクローゼットに侵入したらしいのです。

そのことに妻は気づいていなかった。

nekoblue_002

そしてクローゼットのドアを開けたまま別の部屋に行き、しばらくして戻ってきたところ、大きな物音を立てて猫が落下してきた。

天井付近まであるクローゼットの一番高いところにある棚の上、置いてあった阪神タイガースの応援バットで猫は遊んでいて、そのひもに絡まった。

nekoblue_003

絡まった紐をほどこうともがいていてそのまま落下。

紐が絡まっていたから体の自由がきかず、着地も失敗。

落下途中から着地まで、クローゼットのドアや床とメガホンがぶつかる音が響いていたそうです。

猫にとって、恐ろしい体験。

その落下した直後に妻が駆けつけた。

そしてもがいている猫に絡まった紐をほどいてやった。

そのときはまだ凶暴化していなかったと言います。

直後に甘えてきたりもしたそうです。

しばらくしてから、突然、猫の態度が変わったそうです。

妻はインターネットを使って調べました。

似たような事例がいくつかあり、それらの情報を総合すると「転嫁」ではないかということでした。

落下したときに猫は味わったことのない恐怖を感じた。

そのとき、妻の顔が目に入った。

お前のせいでこうなったんじゃないのか?

ということらしいんです。

まさに「責任転嫁」というやつです。

でもそういうことが、実際まれに起こっているそうです。

後で動物病院に相談に行ったのですが、同じことをおっしゃっていました。

これがきっかけ。

嘘のような本当の話です。

阪神タイガースのメガホンをあそこに仕舞っていなかったら…

何度思ったかわかりません。

応援クリックいただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 問題行動へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

フォローする