【凶暴化2日目-1】猫を寝室に閉じ込める

スポンサーリンク

2013/11/29 -1

朝、目覚めると、猫は布団の上、妻の足元で眠っていました。

いつもと変わらぬ朝の風景。

妻はそれを見て嬉しそうにしたのですが、それも束の間のことでした。

目を覚ました猫は、妻と目を合わせた瞬間、後ろに後ずさり、威嚇を始めたのでした。

その後、和室の机の下に猫が隠れたのを見て襖を閉め、私たちは朝の支度をしました。

「このままでは日中、困る」

という妻の訴えを受け、私は猫を寝室に閉じ込めることにしました。

和室に入り猫に近寄っていくと、威嚇はしないまでも怯えて後ずさりします。

いつものようにすんなり抱っこはできないだろと判断した私は、攻撃を受けることを覚悟しゴム手袋をはめ、半ば強引に猫を捕まえました。

猫はぎゃああっと、悲鳴を上げて私の手から逃げました。

私は無我夢中で追いかけ、洗面所にある洗濯機のところで力尽くで猫を捕まえ、猫が暴れもがくのも構わずそのまま寝室に投げ入れ、閉じ込めたのでした。
nekoblue_007

私の服は猫の漏らしたおしっこでびしょびしょに濡れていました。

ゴム手袋をはめた私の親指には牙の穴が空き、床には血がぼとぼとと流れ落ちていました。

体中から力が抜け、膝や手が震えていたのを今でも覚えています。

こうして振り返って書いているとよくわかるのですが、私は間違った行動を取っていました。

ゴム手袋をはめようと決めた時点で、私はもう、猫のことを家族ではなく獣として扱っていたんですね。

でもそのときはわかりませんでした。

猫も私も必死でしたから。

応援クリックいただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 問題行動へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

フォローする